カラコンのデメリット

カラコンのデメリット

カラコンの一番のデメリットは、目の健康に対してのリスクがあることです。そもそもコンタクトは角膜に直接接触(コンタクト)させて使う製品であり、デリケートな器官である目には負担が大きいものです。特に、カラコンは高度管理医療機器と規定されたのが近年であるため、いまだに生活用品としての意識が根強く残っており、気軽に購入しやすい製品なので、危機意識をあまり持たないまま手を出してしまうケースがあります。

しかし、カラコンは使用者の目に問題が起きたという事例が多発し、近年、そのリスクが明るみに出てきました。急速な普及によってカラコンを雑貨店で購入できるようになったため、医師から指導を受けることなく、いい加減に使用してしまう人が増えたのです。おしゃれのためとはいえ、あくまでもコンタクト製品ですから、ケアを怠ることはもってのほか、十分に使用方法を正す必要があります。誤った使い方は、大きな怪我のもとになります。目はとても大切な器官であり、傷つきやすいため、危機意識をしっかりと持つべきです。

また、カラコンを入れることで目が不必要に大きく見えたり、装着時にカラコンがずれることで目がおかしな方向を向いているように見えたりするというデメリットもあります。そういったことを防ぐためにも、自分に合ったコンタクトを選ぶことが大切です。

    Copyright(C) カラコンを知ろう All Rights Reserved.